2020年05月17日

ふるさとの風景Q 煉瓦倉庫

子供時代、ローカル線が近くを通っていて、駅の周辺は遊び場で、

往還道から桜並木(両脇に数本)のある短い坂道を上っていくと水色に塗られたこじんまりした駅がありました。

当時は駅長さんもいらして駅の西側に官舎がありご家族で赴任されていました。

私より年下の息子さんがいて弟と一緒に何度か官舎に上がったことがありました。

外国人のような顔立ちでこの田舎にはないようなくっきりしたお顔立ちでした。

近所の子供たちと一緒に写った写真が手元に残ってます。


駅は単線だったけど、地下道を渡って向こう側ホームに行きます。

隣町の幼稚園へはこの駅から乗車していました。

オレンジ色のディーゼルカーと真っ黒の機関車が行ったり来たりしていて活気がありました。

煉瓦倉庫は駅から100メートルほど離れた場所に線路や駅舎と平行に建っていました。


DSC_0920 (002) (800x450).jpg


今でもちゃんと建っています。


_20200331_124304 (002) (788x800).jpg


外遊びに夢中だったあの頃が懐かしいなあ〜・・


DSC_0924 (002) (800x450).jpg


当時近隣の町には瓦工場や煉瓦工場がたくさんあったようでした。


DSC_0926 (002) (450x800).jpg




posted by アメジスト at 17:02| 福岡 ☁| Comment(0) | 不定期シリーズ・故郷の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: