2020年05月10日

昭和12年生まれの叔母

私が生まれた時叔母は16歳。

ものごころ付く頃、かずねえちゃんが行くところにはいつも一緒でした。


img20200510_08553183 (399x359).jpg


友人知人の多い姉ちゃんはお付き合いも多くて、旅行や集まりにはいつも連れてくれました。


img20200510_08561620 (346x403).jpg


自宅の二階で洋裁業もしていたので服も色々作ってもらったな〜。

1枚目は赤いオーバー、2枚目は紺のベストとヒダスカート。白の大きなボタンがアクセントです。

叔母は広いえりでダブル、ヒダスカート、真っ白のコットンスーツ。お気に入りでお出かけによく着ていました。

当時調理師免許も取っていて、レパートリー伝授で助かってます。

去年に亡くなったけど、最後まで明るくておきゃんでした
posted by アメジスト at 15:54| 福岡 ☁| Comment(2) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の私のblog、同じような写真を同時アップで驚いています。
>友人知人の多い姉ちゃんはお付き合いも多くて、旅行や集まりにはいつも連れてくれ>ました。
すごく同じです。
運動会や、自分たち夫婦のお仲人さんのおうちとか連れて行ってくれました。
前から話していましたがお互いの環境がすごく似ていますよね。
私の叔母は、昭和元年生まれ、私とエメさんの年代の相違と比例していますね。
Posted by さくら at 2020年05月12日 16:05
さくらさんへ
>そうだったのですね。
すごく同じでしたか! うれしいです☆
さくらさんとはなぜか共通項が多いですね。不思議です。
子供時代、大人たちとは身近でした。
叔父や叔母とは映画も一緒にたくさん観ました。
小林旭、浅丘ルリ子、お二人の「絶唱」のシーンをよく覚えています。
チコちゃんと同じ5歳のころでした^^


Posted by アメジスト at 2020年05月13日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: