2018年06月27日

中冨記念くすり博物館

最近はやたらと遊んでる我が家。

9日夜はYちゃんちで夫が蕎麦作りと6名で飲み会、

10日は草刈りボラ、24日は玉名温泉、17日はグループで鳥栖へ。

17日>同齢メンバー6名の内、5名で実行。 

残り1名は北海道へ二週間のバイク旅(そろそろ帰ってくるころよ)

昔からあるレストラン花やしきでランチを。

広いお庭と湖畔でアジサイを楽しみました。

こちらの向かいにはくすり博物館があります。


DSC_5574 (800x533).jpg


館内は撮影禁止なのでこちらをどうぞ→http://nakatomi-museum.or.jp/

子供時代の医院風景を思い出しました。

帰り、アウトレットに寄ろうと近づくがあまりの人の多さに中止。

飛び太郎鳥栖店でとーふを買い夜に再び集合飲み会。

K君が北海道から戻ったらまたYちゃんちに集まる予定。 夫の製麺機で今度は冷やしざるうどん作る?




posted by アメジスト at 12:16| 福岡 ☁| Comment(5) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くすり博物館、なんてあるんですね。
お客さんが行くのだろうかと心配になりますが・・・
私は日常的に飲む薬はないので、無関心なのかも、でも大切なことですね。
遊ぶことは良いですよね。
これりも、ストレス解消と明るい人生の薬かもしれません。
私は遊びすぎかも・・・・
Posted by オコジョ at 2018年06月27日 20:11
オコジョさんへ
>はい。こちら、気になってはいましたがチャンスがなくて、、でも今回、食事場所の真ん前にありましたのでラッキーでした。
富山売薬の懐かしいパッケージや四角い紙風船が展示されていました。
薬、出来るだけお世話にならないほうがいいですよね。
私も今のところ何もなしです。 お互い健康が続きますように☆
出かけても出かけなくても遊びの部分は大事ですね。
気持ちがリラックスしたり切り替えれたりで大事なことですね。
Posted by アメジスト at 2018年06月28日 13:55
花やしきでランチでしたか!
帰郷すると叔母と二人であそこの庭に座ってゆっくりお喋りするのが
楽しみな場所なんです。
今はその叔母もすっかり弱って外出ができなくなりました。
鳥栖はサロンパス発祥の地でもあるので、昔から売薬業が盛んだったようで
博物館ができたのだと思います。
あの博物館はたしかサロンパス(久光製薬)の管理だと思います。

鳥栖観光のメッカのようなところへ行かれたんですね。

Posted by さくら at 2018年06月29日 17:48
中富くすり・・・となっているんですね。
中富というのはサロンパス創業者の名前です。
Posted by さくら at 2018年06月29日 17:49
さくらさんへ
はい! 美味しかったです。 ピアノとフルートの生演奏も楽しめました。
叔母様との憩いの場所だったのですね。
池も見えてとてもくつろげますね。
売薬業も近代の薬でも先駆者ですね。
上の階でもじっくり拝見しました。 書付けや小物など興味がわきました。
薬の博物館は全国的にも珍しいでしょうね。
サロンパスは祖父には欠かせないものでした。
はがしたり貼ったりは私の役目でした(懐)
アウトレット、しばらくは衰退してたけど今回はまるで変化してて驚きでした。
天神からの無料バスとか色々イベントで凄い集客力でしたよ。
名所がたくさんでうれしいです。
サガン鳥栖も魅力の一つですね。
Posted by アメジスト at 2018年06月29日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: