2018年06月15日

ご近所@=パン工場

子供時代、小学校を中心に商店が軒を連ねていました。

学校帰り、お店の中をのぞきながらの下校はけっこう楽しかったな。

染物店、薬局、魚屋(2)、床屋(2)、豆腐屋、パン工場・酒屋、米穀雑穀店、八百屋(2)、
製氷・アイスキャンデー製造店、文具店(2)、塩屋、パーマ屋(2)、子供・婦人服店、
菓子店、電気店、自転車屋、駄菓子屋、畳屋、かしわ屋、質屋、精米店、製粉・そうめん製造所、
薬・化粧品店(2)、製材所、養豚(ぶたやさん)、ラーメン屋、病院、焼菓子店、役場、
ガソリンスタンド、傘屋、駅、

景色と風景に混じってそれぞれのお店が記憶にあります。

一回目はパン工場>

こちらは学校給食用の食パンを中心に製造されていて、 菓子パンもありました。

朝、母からのおつかいで食パンを買いに行きます。

工場の入口はガラガラ戸で、入るとふわ〜っと焼き立ての香りが漂っていました。

すぐ右の棚に1斤のパンが並んでいます。

工場にはおじさんやおばさん達が白い衣服で作業をしていました。

声をかけると気づいてくれて、まだ温かい食パンを紙の袋に入れてくれました。

☆彡

放課後はほとんど毎日図書館にいました。

読書三昧だったけど「切り抜き係」もしていたので担任以外の先生方にもよくして頂きました。

ある日の土曜日、司書さん、S先生、K先生と私と同級生、女五人がのんびり図書館に残っていて、、

S先生「お腹すいたね・・ あんぱん食べようか?」「えめちゃんちょっと買ってきて♪」

学校正門のななめ前がパン工場で、その隣が経営が同じの酒と食料品のお店。

あんぱんは、ここのカウンターのはじっこの大きな笊に入れられていました。

放課後と、図書館と、へそのある少しぺたっとしたあんぱん・・ 

食パンとあんぱんの思い出 👀☆

<2009/12/07切り抜き係の思い出>
http://hatue62.seesaa.net/article/134983989.html







posted by アメジスト at 13:24| 福岡 ☁| Comment(4) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小学校と中学校は東京でしたが、すぐ近くで始業のベルが聴こえるのですが、良く遅刻をしましね。通学に1時間近くかかった高校は遅刻なしだったのに・・・
学校と家の間には米屋が一軒…
中学給食がく、学校に来るパン屋と牛乳輩買って食べました。今日は何にしようかなと・・・
懐かしく思い出しました。
段々そんな昔が懐かしくなりますね。
Posted by オコジョ at 2018年06月19日 18:17
オコジョさんへ
おはようございます!
>都会での小中時代、いいですね! 当時の事思い起こしますね。
学校が近いとついゆっくりしますね。
私も近所だったのでギリギリ登校してました・笑
隣は米屋さんでしたか。昔の米屋さんには雑穀がいっぱい並んでいましたね。
昼時になると何を食べるか授業中でも気になりますね。
集中して混んで大変だったでしょう。
昔の事を思い出すのはいいことだと思います(^_-)-☆

Posted by アメジスト at 2018年06月20日 08:43
街中で育ちましたが、近くにパン屋さんはありませんでしたね。

隣が文房具屋、向かいはタクシー屋?、その隣が肉屋と食堂。角は酒屋さんでした。
肉屋さんの天井から、牛や豚が吊り下げられているのを見て、いい思い出がなく、なるべく近寄らないようにしていました。

昔のことはよく覚えていますね。
たくさん思い出しましょう。
Posted by ぼん at 2018年06月22日 07:25
ぼんさんへ
こんにちは!
>意外です。 こちらと違って多いイメージです。
夫は今も現役の東京堂とか。 よくお使いさせられたようです^^
肉屋に食堂に、タクシー、やはり街ですね。
近所に食堂はなく、低学年のころまで祖母がうどん屋兼食堂をしていました。
親子丼用のカラフルな蓋つきどんぶりが置いてありました☆彡
肉屋さんには豚がぶらさがっていましたね。弟はそれ以来大人になるまで豚肉がだけでした。

はい、記憶をさぐるのは脳によい刺激になりますね。


Posted by アメジスト at 2018年06月22日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: