2007年03月28日

ふるさとの風景 @

今日から始まる新企画よかわいい 

子供時代を過ごした故郷の風景をご紹介します。

昔のままだったり、かたちも無かったり、思い出もいっしょに甦ります。


城跡
福島城 003.jpg



福島城 009.jpg


一番上の櫓跡
福島城 007.jpg



今は、鳥達の棲みかになっていました。
福島城 004.jpg


福島城 033.jpg


この広い公園は小学生の頃、秋のスケッチ大会の場所。


この石の階段は、当時2倍の高さに感じていましたよ^^
福島城 008.jpg



階段に腰掛けて、向こう側見える、秋色の茂みの中に立つ古い木造の公会堂をスケッチしました。

今はこんな建物に変わっています。
福島城 006.jpg

この右手は、当時消防署とそれをまたぐように中二階の高さの図書館がありました。

公会堂とは渡り廊下で繋がっていたような、、。

木々に囲まれた静かな図書館に、友人とよく通いました。


城跡の裏手にはたくさんの遊具の遊び場があったけど、今は大人びた雰囲気に変えられていました。
福島城 011.jpg



福島城 012.jpg


この地を麦秋の季節に訪れられた時、留学されていた南フランスの「バルビゾンの風景と同じだ」とおっしゃってそのまま住み始められたと聞いている、坂本繁二郎先生の像
福島城 013.jpg


像の向かい側にあるこの樹は昔のままこの地にあった。「なつかし〜☆」
福島城 014.jpg


像の裏側に古い橋の欄干があった。 横は道。 とゆうことは、川かお堀があったってことね。
福島城 014.jpg


福島城 021.jpg


もうすぐ芽吹く季節。 寒さももう少しで終わる。
福島城 020.jpg


福島城 022.jpg


最近の広場にはこんな野外ステージがあった。
福島城 023.jpg

この広場では夏になると盆踊りが行なわれていた。 市内中からたくさんの人々が訪れていたのだろう。 ほんとに賑やかだったな☆彡


















posted by アメジスト at 11:01| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 不定期シリーズ・故郷の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人気の無い公園だよね。

あっ、、トコちゃんベルト居間にありますか?
Posted by えりりん at 2007年03月28日 16:43
こういう企画っておもしろいね。
ブログにぴったりよ。
日々のことを連ねるのもいいし、旅行記もいいけど、ブログならではよ。
今より10年先は、もっと変わってるかもしれないね。
「記録」になるね。
Posted by こむぎ at 2007年03月28日 17:24
こむぎさんへ
はい。 たまに帰ってじっくり見てみると、すごく変わっていることに気づきます☆
訪問者の目で見てみると、なかなか味わい深いわ^^
あちこち「ふるさと発見」してみますね。
Posted by アメジスト at 2007年03月28日 17:37
えりりんへ
ひとけのない公園>ママの思い出は大人や子供がたくさんいた情景よ。
どこの公園もおしゃれになって、子供達に向かなくなってきたものだわ。 ど〜せなら、自然のままにしていてくてればもっといいよね。
ベルト>了解
Posted by さとまま at 2007年03月28日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック