2011年09月22日

故郷の風景J・故郷の山々と雲海

故郷の町は周囲を小高い山々に囲まれていて盆地風の平野の中にある。


<18:34>
CIMG0268 (448x336).jpg


南・中央は「飛形山」

撮影日は8月26日  スーパー屋上から。

あまりの美しさに感動した! した! が、あいにくカメラなし@@ 幸い知人が持参♪さっそく拝借。


<18:34>
CIMG0269 (448x336).jpg



左からNTT鉄塔、中央「城山(じょうやま)」、右塔は喜多屋・煉瓦煙突。


<18:34>
CIMG0270 (448x336).jpg


↑東南・やや右「雄岳(おだけ)・532m」=その周辺に「雌岳(めだけ)」「姫御前岳(ひめごぜんだけ)」あり



<18:34>
CIMG0271 (448x333).jpg



↑八女平野のシンボル「飛形山(とびかたやま)・450m」 右のツインビルはマンション


<18:34>
CIMG0272 (448x336).jpg


<18:34>
CIMG0273 (448x336).jpg



↑東・左から「釈迦岳・1229.5m」=福岡県最高峰☆  

↑そのすぐ右「御前岳・1209m」=大分県側は権現岳と呼ぶ

↑右端「雄岳(おだけ)・532m」=通称「鍋底山」

※ 御前岳>>『日本書紀』では「前山」として現れ、景行天皇が九州に行幸した際にこの山を越えたと記されている。山頂にはこれに因んで「景行天皇御遺跡」の石碑が建てられている。
また山頂には大山祇命を祭神とする御前岳神社の上宮がある。この神社の下宮は、日田市前津江町田代にあって、津江権現または田代権現ともよばれており、これがこの山の別名である権現岳の由来と考えられる。福岡県八女市黒木町にある津江神社は、この津江権現を勧請したものである。(Wiki調べ)



実は今年初夏に生まれて初めて釈迦岳に登ったのよ(車(セダン)あせあせ(飛び散る汗)

色んな騒動でまだUPしてないけどたくさん写真撮ってるわけ。 早く整理しなくちゃネ!



最後は屋上からの夕日をどうぞ・・。


<18:35>
CIMG0276 (448x336).jpg



先に降りた夫があまりに急かすので、今よく見たら14枚の撮影時間わずか2分ダッシュ(走り出すさま)

・・でもまあ・・山々もお日様も幻想的ですばらしい夕刻でした。


<18:35>
CIMG0279 (448x321).jpg



とても長くここに居たような気がする・・そぼ降る雨の中に・・


※ N氏、カメラ拝借ありがとうございました♪

posted by アメジスト at 07:50| 福岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 不定期シリーズ・故郷の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風、欠航で大変でしたね。
娘さんにとっては大変だったのでしょうが、
アメジストさんには、久しぶりにゆっくりと一緒に過せる時間が持ててよかったですね。

澄江のような素敵な故郷の写真いいですね。

最後の数枚、神々しさを感じます。
Posted by オコジョ at 2011年09月22日 13:59
今日は山と雲。
同じだね。
Posted by こむぎ at 2011年09月22日 16:14
オコジョさんへ
>>はい。 1個の台風は全国の末端にまで影響しますね☆
私は長居うれしかったです^^

この瞬間が写せてラッキーでした♪

県の最高峰が故郷にあったのをつい最近まで知りませんでした・恥ずかしい・・
Posted by アメジスト at 2011年09月22日 21:34
こむぎさんへ
>>はい♪ はい♪ はい♪ 久々のかぶりうれしい〜^^♪
Posted by アメジスト at 2011年09月22日 21:35
えめさん、ぶらぼ〜!!
ありがとうございます
丁寧に名前を教えてくださって
わたしは本当に何にもしらなかったなあ。
そうだったんだね。
津江神社の名前の由来がそんなとこにあろうとは。

写真これまでとかなり違うけど、まぎれもない絵目さん写真でした。すばらしおます。
Posted by はたぼう at 2011年09月22日 22:58
はたぼうさんへ 
>>喜んでいただいて、どうも^^
津江神社は調べて知りました。442号線沿いとやや入った場所には大きな神社が多いですね。
昔々からの往還だからでしょうね。

ありがとうございます。カメラ、手元にない日に限っての風景でしたが、ありがたいありがたい♪
Posted by アメジスト at 2011年09月23日 06:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック