2010年09月21日

秀野忌

9月26日は秀野忌。



10092111 013.jpg




去年、ネットで知り合った方に誘われ俳句を始めました。

俳句や俳人には無縁の日常だったので何も知らないでいたら、

故郷の町には俳句について、たくさんの資料や人々の関わりが存在していたのでした。


<蔵の下は通路>
10092111 022.jpg



この蔵の上は資料館。

上がって右の部屋は山本健吉氏の資料がたくさん。


<書棚>
10092111 020.jpg



氏の所有だった本達がずらり。


<川端康成だったっけ?あせあせ(飛び散る汗)
10092111 016.jpg



有名な作家氏からの書らんや色紙もたくさん展示。


<中村草田男とか・・>
10092111 018.jpg



左の部屋には奥様だった石橋秀野女史の資料館。


<年表>
10092111 002.jpg



こちらは資料はそう多くはないが、ひっそりと眠るように来る人を待っていた☆


<室内>
10092111 012.jpg


<左・石田波郷、右・横光利一>
10092111 007.jpg



秀野女史と石田波郷氏は黙契の友とか☆・・黙契・・今回初めて知る言葉。


<暗かったので戸を少し開けた>
10092111 004.jpg



ここに魂がいるのなら少し外を見せてあげようかなと思って・・。


<清水昆氏から>・・秀野女史の妹さんは昆氏の奥様とか・・
10092111 010.jpg



近くのお寺に二人が眠るお墓があるとの事だったので移動。


<側面>
10092111 026.jpg



桜の落ち葉がたくさんだった。


<水を替えてお花を>
10092111 024.jpg



              
           秀野忌に 縁あり集ふ をんな達




















posted by アメジスト at 14:41| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなにきれいな写真を撮って下さって、きっと泉下の秀野・健吉そして静枝さんのお三方は、お喜びだと思います。
きれいです、ことに蔵の渡り廊下(下はタタキになっている)を通して写した一枚は、プロ並です。絶賛。
秀野さんの墓石の刻字はなくなった年が一年間違っていて字もへたくそです。だけど。それさえが逆になんともいえず、この俳人にふさわしくも思えてきます。
石橋秀野、山本健吉がお好きな方は、どうぞ一度お尋ねください。
Posted by はたぼう at 2010年09月21日 20:37
はたぼうさんへ
今、お三方はごいっしょなんですね。 
私もご縁がなかったらこのお墓に参ることは一生なかったわけなので、不思議な気持ちです。
写真をほめていただいてありがとうございます。
あの空間はほんとにいいですね。明るい向こうが見えるのもいいし、手前の外灯もノスタルジーな感じです^^
Posted by アメジスト at 2010年09月22日 08:39
かささぎの旗にこのえめさんの記事をはりつけた分の9月二十一日付けの記事が、どうしても出てこなくなりました。
鬼の仕業と思います。苦笑。
そこで窮余の策として、ちょうど命日の今日、健吉さんの追悼文を付け足してアップしてみました。こんどは、どうも大丈夫みたいです。
ケイタイ写真送信の場合、着信時刻が全く同時ってことがあるんでしょうか?いや、じっさいにあったのです。わたしのパソコンは写真を送信したらそのままブログにアップされるようセットしていますが、その記録がそうなっていた。そのせいでブログに字空間のねじれ現象がおきてしまった模様。戦記をだせば、秀野忌がきえ、秀野忌をだせば、戦記がきえた。というわけです。

えめさんの写真記事中、窓をあけた、というのにはっとしました。外がみたいだろうと。
本当に霊はいるんだ。とかんじた。
Posted by himeno at 2010年09月26日 08:28
himenoさんへ おはようございます。
>>時空を移動している時に消えたのでしょうかね?
ブログ記事に使う写真をピクチャーから移動させてる時に、アップロードしたはずの写真がなくなってしまうことがあります。
その時はピクチャーの写真も無くなっていました。
不思議なことはあるものですね。
himenoさんの記事も私の写真も四次元の世界へ行ってるのかもね(^_-)-☆

あの部屋は屋根裏のような作りでまるで幽閉部屋のように感じました。
秀野さん、魂はいつも娘さんといっしょだろうと思うけど、この二日間はこちらに遊びにいらしてたかもね。

・・かもねがとても多い私@@(苦笑)
Posted by アメジスト at 2010年09月27日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック